テレビが詰まらなくなったのは視聴者にも責任があります

最近はテレビを全く見ないという人が増えて来ています。

今はインターネットがありますから、テレビを見なくても不便を感じる事が無くなって来ています。

しかし気軽に情報を得られメディアとしてテレビはまだまだ存在価値があると言えます。

最近のテレビ番組はつまらなくなったと嘆く人がいます。

それはテレビ番組の制作者の所為だという人がいます。

それも理由の一つでしょうが、それ以外に視聴者もテレビを詰まらなくした当事者と言えなくもないのです。

テレビ局が良作とも言える番組を作って放送したとしても、視聴率が取れなければ意味がないのです。

ですから価値のある番組をもっと増やすためには、価値のある番組をもっと見る必要がるのです。

そうする事で価値のある番組の視聴率が良くなり、価値のある番組が量産されることになるのです。

逆にくだらないと思う番組を見ないようにすれば、くだらない番組を根絶する事が出来ます。

テレビが詰まらないのをテレビ局の所為にするだけでなく、私たちにもできる事を積極的にすることが大切です。

西北でホットヨガするなら